大切な日々の記録since june2008

natsunoga.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:登山( 76 )

北陸 雪の立山

九州はとっくの昔に桜が終わったというのに
立山山麓では桜が満開♪
 そしてバスで室堂平まで上がると 雪の大谷 17mの積雪♪

ミクリガ池の氷が少-し溶けてなんともいえない色の水面が覗いています。
b0141916_1722340.jpg


お山の上の雪も
b0141916_17215643.jpg


がんばって登っていくと
名だたる名峰が目の高さに見え 
下界ではみる事のできない お空の青になっていきました。
b0141916_1722065.jpg


こんな世界があるんだな。

登山レポートはこちら
[PR]
by natsucoco17 | 2012-04-29 23:21 | 登山

霧氷の季節

今年も霧氷に出逢える季節がやってきました。
b0141916_2381985.jpg

お山へ行くと 北側と南側の風景が違うのに驚かされます。



このお山の記事はこちらへ♪
[PR]
by natsucoco17 | 2011-12-18 23:07 | 登山

冬枯れの南平台(1216m)

今年の1月 雪の鶴見岳を目指した時に南平台の麓を経由
ものすごく美しい林で感動しっぱなしでした♪♪♪

ぜひ 今年中に再来し 南平台頂上まで行ってみようと思っていたところ
都合よく、ちょうど午前中だけ雨が降らない予報だったので出かけちゃいました。
b0141916_20405224.jpg

登山口の火売火男神社は 紅葉がすばらしく、大銀杏の葉は既になかったものの
カエデ類が黄蘗色で見ごたえ抜群


登り一辺倒の鶴見岳登山道から南平台方面へ分かれると、
     ゆるやかで平坦な林の道が続きます。
夜も少し雨模様だったので、カサカサ落ち葉ではなかったのがザンネン!
b0141916_20404236.jpg

すぐに到着するだろうと思っていたのですが、思いの外長い道のり。
頂上らしきところに着くと 
     左に由布岳 ~ 正面に馬の背 ~ 右手に鶴見岳 
             180度のパノラマです。
b0141916_2041814.jpg
      ↑写真↑ は、パノラマ風につなげてみました
  (最近こんなカメラありますよね!自分が回って撮影するヤツw)
霧がなかなか幻想的な風景に仕立ててくれました。
b0141916_2041458.jpg





とりたてて
なんということもなかった南平台でしたが
気になっていた所に行けた
という満足感(笑


帰りは 神社近くで
小雨が降りだして
傘をさして歩きました。



神社は雨もよく似合います。
[PR]
by natsucoco17 | 2011-12-03 21:04 | 登山

初冬のくじゅう連山

土日は、大好きな 坊がつるでのキャンプでした。

長者原を14時に出発し 霜柱の残る登山道を坊がつる目指して歩きます。
 今回は、食事担当だったので、いつになく重いザック
 いろんな方が鍛えてくれる御蔭で がんばれるようになりました ^^v

紅葉の気配はなく、すっかり初冬。
b0141916_2057317.jpg

三俣の山肌が霜柱の白で雪が降ったように見えました。

穂の飛んでしまったススキと青空
b0141916_205735100.jpg

暮れるにつれて冷え込む山の空気

       テントは10張りほどあったかなぁ。
       夏の日が遠く感じられました。 これからは装備が整ってないと来れない世界です。

朝4時半起床 5時出発
 ヘッドライトの灯りの中、1時間半かけて、大船山山頂へ行き
b0141916_20573959.jpg

日の出です。 雲の合い間から見える光が美しく
しみじみ太陽のありがたさを実感しました。

薄氷のはった御池
b0141916_20573720.jpg

数日前は冷え込んで霧氷が凄かったようですが、本日は幸か不幸か
小春日和な過しやすい気温でした。

テント泊しなかった お仲間が9時に坊がつるへ集合してきました。
  それから 一緒にどこかの山へ登るはずでしたが、
  朝から大船を堪能した テント泊メンバーは すでに満足状態 (笑
テント撤収を手伝ってもらったあげく、分かれて下山することに ^^;
途中の 北千里ケ浜でゆっくり過し ゆるゆると連山を後にしました。

  本日もありがとうございました。

*****
 すっごく久しぶりなくじゅう~~ と信じていましたが。。。
9月に三俣 10月に黒岩・・・結構 来ていた事を思い出しました(笑
ガッツリくじゅうが久々だったんですよ。 なんともなんとも。

   
[PR]
by natsucoco17 | 2011-11-27 20:57 | 登山

尾鈴山

22日 仕事終了後に出発し 宮崎県都農町の尾鈴山へ行きました。
ここは滝がたくさんあることで有名です。
登山コース 上流部にある白滝 紅葉も美しく落差75mの滝です。
b0141916_20472529.jpg

歩き始めは雨交じりだったものの
瀑布郡を通る頃は日差しが戻り美しい景色が飛び込んできました。
b0141916_20472840.jpg


すだれの滝

渓谷もものすごく美しく 
エメラルドグリーンの滝壷で
沢遊びなど
したくなる処です。


登山というより
沢メインで又来たいな♪
[PR]
by natsucoco17 | 2011-11-23 20:44 | 登山

由布山麓の日向岳

今日は由布岳に2時間だけ登ったら引き返す計画で、 早朝に由布岳正面登山口へ。
草原は枯れ始めているものの、まだ緑色を残しています。
b0141916_19115340.jpg

鶴見岳の方から登ってくる朝日がピンク色の空を演出♪
b0141916_19114868.jpg

寒い中にも、なかなか良い感じ!! しかし 後から後から人が連なって来る・・・
ツアーらしい団体もいて
 『2時間登るのは良いとして 下りに沢山の人とすれ違う・・・』ちょっと イヤかもw
 『合野越まで行って、飯盛ケ城へ行こうか~』 などなど歩きながら考えていたら
行くチャンスを逃していた(日向岳自然観察路)の看板☆
もちろん! 進路変更です。

踏み跡がサクサクの落ち葉で隠れてましたが、目印のテープも真新しく、
自然観察路らしく木に名札も付いてて、アップダウンもありながら歩きやすく楽しい道。
東斜面に面した登山道は 朝日が射しこみ美しい林です。
b0141916_19115941.jpg

落葉してしまった木々が多い中  まだまだ真っ盛りの紅葉もありましたよ ^^v
b0141916_1922835.jpg

1時間ちょいで日向岳【1085m】到着~  樹間から青空の由布岳が見えます。
b0141916_19221612.jpg

頂上の展望はありませんが、とっても落ちつく林でした。
 誰も居ない事を良いことに ゴロゴロとくつろいで、下山を始めましたが
太陽が行きよりも高くなったからでしょう。 なんと 紅葉した林が現れたんです。
b0141916_19255512.jpg

ピストンも良いですね~。 景色が全く違って見えます。

草原には ウメバチソウ
b0141916_1926398.jpg

昨年は見逃したので今年はぜひ逢っておきたかった花♪  かわいいでしょ!

草原に着いて日向岳を臨む・・・鶴見岳はいつの間にか雲のなか
b0141916_19255986.jpg

そして草原から見る由布岳・も・・・中腹より上は 濃いガスの中デシタ。
b0141916_19324444.jpg

天気予報は晴れだったから、有料駐車場までほぼ満車の感じ。 
登ってる人寒いだろうな~ 。。。 本日は進路変更 大当たりの登山でした。
 でも もうちょっと歩きたかったカナ(笑


紅葉写真 とか とか を More ↓ で どうぞ~

More
[PR]
by natsucoco17 | 2011-11-13 19:53 | 登山

安心院 米神山

連続でお山行きです(笑   ・・・行き過ぎダロ ^^;

安心院の米神山! ナゼこの山かというと
5月に 真玉の 猪群山 ストーンサークルへ行く時にネット検索をしていて見つけた場所がココ。
約半年を過して 念願の大分で2個目のストーンサークルです。

登山口は佐田京石という謎の巨石郡があり、そこから登っていきます。
b0141916_2184211.jpg

丸太の橋などが丁寧にかけられ
b0141916_2184733.jpg

急斜面はロープがあります。
b0141916_2185016.jpg

ロープが終わったかと思うと又ロープ・・・延々 滑りやすい急斜面のロープ登山道には若干閉口 ^^;
それでも所々にある 人工的な石積みが崩れた跡などを見ると
この山は何かを祭るのに最適だったんだろうなぁ~ など 思ってみたり。。。
なんせ古代遺跡なので 決定的な説明がなく想像も限られるけれど、なんとなく楽しかったりw
b0141916_2185327.jpg

しかし、この巨石郡を見ていて 気がついたことがひとつ!!
  「携帯電話がない」・・・「落とした」・・・いつ? さっき滑った・・・その時???
30mほど ロープ伝いに下ってみたが 携帯の姿はなく。。。 
 この山へ来る人に悪い人はいないだろう~ っていうか 発見されることもないかもと思いつつ
気を取り直して頂上へ向かいました。。。  でも      はぁぁーーー損失! 
いつものザックを持ってきていればこんな事はなかったのに、なんてことを考えながらも頂上(475m)
b0141916_21195912.jpg
ススキが生い茂り、ストーンサークル自体はよくわかりませんでした。 ザンネン!

京石ルートから登り 熊登山口へ下山 その途中に
霊水があります。 下りでもロープを使ったので手がドロドロ^^; 
b0141916_2185537.jpg

駐車場に水場がないので、すごくありがたかったです。

2時間ちょっとで 周回 ゆっくり佐田京石を見て帰ろうとしたその時!!

私の携帯電話が 道の真ん中で私が帰ってくるのを待ってくれていました(^^)v
  さすがパワースポット!? とにかく・・・
          あー よかった。

そうそう 本日のデザートは
b0141916_2136241.jpg

フユイチゴの群落にお世話になりました。 すっぱさ加減がナカナカ ☆☆☆
[PR]
by natsucoco17 | 2011-11-04 21:37 | 登山

熊本県 八方ケ岳

木山内岳の紅葉を見に行こう!
   という誘いに藤河内渓谷の観音滝の紅葉に心をときめかせていたのですが、
天気予報は県南は雨 ^^;  またもや?雨!

というわけで 熊本県菊池の 八方ケ岳へ行ってきました。(1052m)
b0141916_19483943.jpg

沢沿いの道 せせらぎの音を聞きながら登りが始まります。
紅葉はまだ7分くらいでしたが、美しい彩りも標高が上がるにつれて増えてきました。
b0141916_19484461.jpg

                 コマ岩
b0141916_1948402.jpg

岩の上のケルンがコマの軸みたいですね~   でもどうやって積んだのでしょう。
写真で見るとわかり辛いですが、岩自体が見上げる角度にあって どっから登ったのかわかりません???

登山道は、広葉樹林のフワフワの腐葉土ですが、
片側が切り落ちて細い道となった箇所が多く気を使います。
そして時おり出現する岩場を進み
              2時間ほどで山頂に♪
b0141916_19495766.jpg

ここの眺めは、360度の大パノラマで 雲仙普賢岳まで見渡せました。
九重連山は雲がかかって 根子岳のギザギザが垣間見れましたがすぐ雲に突入。
山頂では、他に2パーティ・・・それぞれラーメンを食べていて匂いと麺をすする音に刺激されましたw

下山道は杉林の急な下りでございました。
 林道に出てから 「動く葉っぱが!」 と慄き飛びのいた人が1人w
b0141916_20402848.jpg

上の写真に その生き物がいます。 さて どこに何がいるでしょう ^^♪
 カメラを向けたら液晶画面のどこにいるのかわからなかったほど擬態でした!
[PR]
by natsucoco17 | 2011-11-03 19:46 | 登山

根子岳東峰

根子岳東峰(1408m)からの眺め   本日は雲海
b0141916_19325866.jpg

青空でススキが風にそよぎ さぞかし気持ちの良い山行のように見えますが・・・

霧・・・朝から、かなり霧^^;  山頂で待つこと30分 期待した景色は諦め
下山にかかりましたが ちょうど木々の切れ間に差しかかった頃
b0141916_19325149.jpg


   風と太陽が味方してくれ
b0141916_19464689.jpg


   徐々に、地獄谷の噂に名高い錦絵が眼前に現れました☆☆☆
b0141916_19475664.jpg

   幾すじもの尾根が美しい紅葉に飾られています。


   そして更に・・・ ご褒美~♪
b0141916_19324360.jpg

   根子岳らしい岩峰も現れてくれたのです(^^v
   青空に聳え立つ天狗峰を見上げながら次回は歩きたい~


そして発見! というか 登山口で教えてもらいました♪
b0141916_1933256.jpg

山グミです~。 まん丸でちっこいのに ちゃんとグミの味がしました。
今日からのお気に入りおやつに仲間入りです(笑


   くじゅうへ行った時にいつもしみじみと見る ギザギザの稜線が魅力的な根子岳・・・
   クライマーの山だと信じていましたが、
   おかげ様で本日、大戸尾根登山口から登頂することができました♪
   滑る登山道に慄きながらゆっくり降りる私を待っていただきありがとうございました。



b0141916_10125514.jpg

            くじゅうの展望台から見た阿蘇方面 左が今回の根子岳 右が仙酔尾根の高岳

阿蘇五岳といいますが、根子岳 高岳 中岳 烏帽子岳 杵島岳!   登っていないのは杵島岳ひとつになりました^^  来年野焼きが終わった頃に目指してみようかな☆
                                           natsu

More
[PR]
by natsucoco17 | 2011-10-28 20:34 | 登山

徳島県 三嶺登山

土曜の早朝に大分を出てフェリーで四国に上陸し徳島県の剣山へ~

道中は車窓からの紅葉が格別でした   が しかし・・・・ 雨が止みそうにない ^^; 
せっかく来たのにどうしようと思いつつも、明日も登ることを考えて本日は汚れたくない(笑
        心が ^^; 半分折れました。。   スミマセン 
b0141916_20175299.jpg

雨の中テント泊か。。。止まないかな。。。         と食材を購入し

三嶺登山口へ着きましたが   やはり雨・・・
 というか まさかの どしゃ降り (泣     
 ため息も出ませんでしたが、
神も私達を見放しませんでしたw 

駐車場の一角に 【ご自由にお使い下さい】という きれいな小屋があったんです。
テーブルと椅子も有り 電気も点き もうウキウキです。
 夕方から 鍋をかこみ
歌有りゲームありの 夜が更けてチラホラ星も見え隠れしています。
       明日朝が楽しみです。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌朝、ポツポツ雨が落ちるものも空は明るい様子です。
  紅葉も
b0141916_20174692.jpg

  落ちたばかりの葉を敷き詰めた大地も美しく
b0141916_2017562.jpg

2時間半ほどで 霧雨の山頂へ到着しました。
b0141916_20174938.jpg

笹の稜線が素晴しいという触れ込みなのですが、乏しい想像力には限りがありますw
 それでも身近にはない岩の風景等を楽しめました♪

水たまりかな!?
b0141916_20175966.jpg

 風が吹き 水面が揺れると
b0141916_2018258.jpg

 水彩画のようでした。


自然堪能の山行 ありがとうございました。
 次回こそ 青空の下  三嶺~剣山の 縦走をしたいですね。

               またお願いします。  natsu
[PR]
by natsucoco17 | 2011-10-23 20:08 | 登山

 心にとまった瞬間を…留めておきたい瞬間を お気軽に関連コメントしてくれたら嬉しいです☆


by natsucoco