大切な日々の記録since june2008

natsunoga.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

手織り~♪

台風2号の 御蔭で 今日は 久しぶりに手織りザンマイな一日。
b0141916_1852217.jpg

先週イベントがあって 手織りの体験の為に
つくったタテ糸! タブン残るだろうと計算して作ったのが 大当り(笑

緯糸を重ねて入れたり 捩り技法や ループで遊んだりと
気ままにザックリした感じで・・・♪

夏の細いマフラーが欲しかったので ちょうどよい感じに織りあがりました。
[PR]
by natsucoco17 | 2011-05-29 18:10 | 趣味
大分県と宮崎県の境  藤河内渓谷 という美しい場所が今回の登山口
1時間ほど渓谷のせせらぎを聞きながら登っていくと 落差74mの観音滝に到着
b0141916_22582875.jpg
今年の雨不足の影響で水量は少ないものの 見ごたえは充分あります。

赤松の生える雑木林に
b0141916_22584654.jpg
ギンリョウソウが!! 初めて見て 大感激♪ 透き通るような白 !

先週 お隣の山へ行ったときには アケボノツツジが2分咲
シャクナゲは まだまだ固い蕾 だったというのに
なんと アケボノは既に地面に咲き シャクナゲが満開でした。
b0141916_22584255.jpg

山中で見る石楠花は背が高く 野性味がありなかなか逞しいです。
b0141916_2258382.jpg


 ミツバツツジも地面の花と化していましたが 1本だけ見事に満開♪
b0141916_22584459.jpg
木にも性格があるのかしら(笑

木山内岳の山頂は見晴らしが悪いというふれこみだったのですが
木が倒れ スズタケがほぼ全滅していたので 展望も良く 明るく歩きやすくなっていました。
b0141916_225834100.jpg

スズタケが枯れた後には アセビ(?) 人の背丈ほどに伸びて競い合っています。
過酷な生存競争が始まるのでしょう。
スズタケは 鹿の食害で全滅しているところが多いということ・・・
 倒れて短くなったスズタケは カラコロと足の下で悲しく鳴っていました。
植生が変わり 祖母傾き山系のスズタケが地面を覆う日はもうこないのでしょうか!?

本日のメンバー5人♪ 山頂ラーメンや フルーツ 猪の竜田揚げまでごちそうさまでした。

   
   いきものの さだめとしりつ スズタケの さいごの合奏 カラコロカララ 

                       natsu

 
[PR]
by natsucoco17 | 2011-05-15 22:56 | 登山

祈りの船

別府の新しい埠頭に 帆船 日本丸が 着岸しました。
b0141916_22574169.jpg

3月には姉妹船 海王丸 が来たばかり
美しい船は 何度見ても飽きないですね。

そんな 日本丸の 船首像は 「藍青」 祈る乙女です。
b0141916_22574735.jpg


  かなしくてやりきれない・・・良い歌です。

祈り  遠いところへ1人で旅立った君へ

More
[PR]
by natsucoco17 | 2011-05-13 23:08
宮崎県大崩山系に位置する 山々へ アケボノツツジを求めて・・・
b0141916_22251825.jpg

山全体では2分咲きほどでしたが、最後の山頂で、満開のアケボノツツジに出遭いました。
感動しましたねぇ!

前日 登山口でキャンプし、朝6:30から登山開始
小雨の残る霧の中 歩を進めていくと
ブナの三差路という場所に着きます。
b0141916_22253883.jpg

木肌を伝い落ちる水がものすごく神秘的に感じたひととき

登山自体は 急勾配のアップダウンの多い地形でしたが、
b0141916_22253211.jpg
鹿納山のとんがった山頂などは 水墨画の如し (山頂に2人の登山者が写っています♪)

途中には どこかの庭園を思わせる景色が広がり
b0141916_22252849.jpg


雨粒をたたえたアケボノツツジが美しく
b0141916_22362533.jpg


天気が快復した午後からは 山芍薬の群落にも逢え
b0141916_2232282.jpg
変化に富んだ 山歩きでした。
[PR]
by natsucoco17 | 2011-05-08 22:23 | 登山
連休中日 久々に 手織りをしようと目論んでいたのですが・・・
 あまりの晴天に 野外へ行きたくなりました。

そこで・・・何年も前から気になっていた 国東半島のストーンサークルへ!
大分県豊後高田市の 猪群山 (458m) に それはあります。
b0141916_2014480.jpg

登山口から、約一時間で頂上へ そしてストーンサークルへ行けるということ
 ひとり歩きには丁度良い 行程かも ♪

遊歩道やベンチが整備されてわかりやすいけれど、結構息が上がる山道です。
しかし、登ること30分 なにやら もう頂上へ 到着  & 5分で ストーンサークルへ f^^; 思いの外ハヤイ

そして オミセン と呼ばれる 巨大な陰陽石が 門のように立っています。
b0141916_2014779.jpg

この石からは 女人禁制・・・ と書いてあるが・・・・
 とりあえず、絶景という前評判なので 入ってみない事には始まらないし ^^;

ストーンサークル中央には 御神石  この石は すごいらしい
b0141916_201503.jpg

なにが凄いかというと !
 石の頂上に くぼみがあり 潮の干満と共に 満ち干があり
さらに この中に 金魚 が住んでいるという ! 
そして さらにこれを見ると盲目になるという伝説が!!! 凄すぎませんか !?w

なにやら パワーというか なんか雰囲気に圧される場所で もうちょっと楽しみたかったのですが、
 大きな 蜂が たくさんいて ついて廻り まるで監視されてるよう~
国東の山々を見渡す絶景を ゆっくりと楽しみたかったのけれど
刺されては 適わないので 退散しました。    女人禁制??? バレタ ?

帰りの道中は 鳥の囀り 花 蝶 も楽しみながら下山しました。

あけび  花の時季終了間近
b0141916_2043487.jpg

ムサシアブミ(テンナンショウ属)
b0141916_20433415.jpg

ぜんまい
b0141916_2043445.jpg

この ゼンマイの綿毛を混ぜて 糸を紡いで ゼンマイ織というものがあります。
ゼンマイが 防虫 防カビの役目をして 長く使える着物になるそうですが、
この綿毛を集めるだけで 気が遠くなりそうです。
 しかし
野趣溢れる布ができそうですね。

ストーンサークル を検索してみたら、結構 日本にもたくさんあるんですね。
 近くでは 宇佐市安心院の米神山・・・ 行ってみたいな(笑。。。
[PR]
by natsucoco17 | 2011-05-04 20:49 | 登山

坊がつる で キャンプ★

くじゅう山系の 湿原 坊がつる ♪
   春は黒  夏は緑  秋は銀色  冬は白

四季折々に変化する 坊がつるキャンプ場へ ~
いつか ここで星空を見たい  という念願を 叶えてきました ^^♪

星空も 大感激でしたが・・・
b0141916_2103845.jpg

  とても心に残った景色はといえば、 漆黒の闇に 色とりどりのテントと灯りです。
とても 寒い夜でしたが、見飽きなかったですよ~。
大自然の中で、人為的なものに心を動かされたのは始めてかもw
全部で50張りほどのテント。 (因みに in natsucocoは 一番あたたかそうなオレンジテントです)
その中で、それぞれに楽しい夜を過しているんだと思うと素敵ですよね☆

 先週の宮崎の お山は しっかりと新緑でしたが くじゅう は芽吹きだした程度。
坊がつるは 野焼きで まだまだ 真っ黒・・・

そして、大好きなマンサクの花が 健在で
b0141916_211563.jpg

三俣山は 特に山肌が黄色く染まっていました。
雪どけと共に 見に来なくては出会えないと思っていたマンサク
 標高差で1ヶ月以上も咲いているとは 思いもしませんでした。

今回は テント泊して くじゅうを歩き回ろう という企画だったので、
お山歩きもしっかりしてきましたよ~
 初日は マンサクの美しい三俣山
 2日目は 九州本土最高峰 中岳 と 天狗ガ城 稲星山 白口岳  5ピークに行って来ました。
b0141916_2115279.jpg

北千里浜 ここの白い大地は何度行ってもいいです~★

出会えた 山野草 は
 ツクシショウジョウバカマ ハルトラノオ クサボケ まだ蕾のユキザサ キスミレ などなど
登山道も 整備されていて、とっても歩きやすくなっていたのには感動しました ^^v 
[PR]
by natsucoco17 | 2011-05-01 21:29 | 登山

 心にとまった瞬間を…留めておきたい瞬間を お気軽に関連コメントしてくれたら嬉しいです☆


by natsucoco