大切な日々の記録since june2008

natsunoga.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

三俣山へ 暁登山

天気予報は晴れ 急に星空と朝焼けが見たくなり くじゅうの朝日を見に行く同行者を求めました。
ちょうど 夜中にくじゅうを歩き回る予定だった人が2人(笑
 (夜中に山に入って 歩き回って 人が増える前に下山するらしい! ナゼ? ^^;)
とにかく 一緒に行ってくれる事になりました~。 安心安心♪ 
 
下弦の月が昇って三俣山の肩にあるころ 登山開始です。
b0141916_1971882.jpg

星は北のほうだけ明るく輝き 雲が多い様子・・・ 

長者原からスガモリ越えを経て 三俣山麓に着くころはかなり明るくなってきました。
ほぼノンストップで、山頂を目指しましたが、
b0141916_1971659.jpg

残念ながら 輝く朝日は雲の中でした~。 
雲があるせいか、思ったほど冷え込む事も無く快適な登山になり
b0141916_197137.jpg

リンドウの蕾とフクオウソウ マイヅルソウの実 を見ながら下山しました~。

              見たかったな 朝焼け~☆  
[PR]
by natsucoco17 | 2011-09-25 19:28 | 登山

伊吹山~ 関ヶ原  ⑥

お花の山 といえば伊吹山 というくらい観光ツアーなどでも有名な場所
季節は9月 お花畑の余韻と琵琶湖を見下ろそうと 寄ってもらいました。
 ところが、、、霧です。b0141916_15375290.jpg海中から出てきたような 石灰岩の歩きにくい道・・・ 登山靴を履いていてよかったと思う瞬間^^;
 


 リンドウ
イブキトリカブト
シオガマ アザミ
 アキノキリンソウ
 サラシナショウマ
    などが
シーズンを惜しむように咲いて
霧の合い間から楽しませてもらいました。

登山の服装
観光の服装・・・
いろんな服の人が入り混じっていて
おもしろかったりw

b0141916_15375474.jpg

とにかく 山頂はすごい人でした。

伊吹山を後にして 関ヶ原古戦場へ
b0141916_15375985.jpg

歴史に登場した 偉人たちが 400年前 ここで采配を奮っていたんですね。
石田三成の陣  笹尾山
b0141916_15375663.jpg

記憶が ものすごく曖昧で
こんな場所に来る前に もっと歴史を知っておけばよかった~
b0141916_1538215.jpg

  と いつも 後悔しています ^^;

あっという間の フェリー2泊 小梨平キャンプ2泊 山荘1泊の旅でした。
日本アルプスの山々が 少し近く感じます。
 
          ありがとうございました♪  natsucoco
[PR]
by natsucoco17 | 2011-09-19 22:37

上高地の朝~ ⑤

上高地に さようならを する 朝は山々が輝いていました。
b0141916_15252689.jpg

今日の山頂から見る朝日も美しかった事だろうなぁ~
 でも、昨夜は上高地から夜空を見上げ 満点の星に酔いました。
天の川が美しく見えました。  夏の大三角形・・・
 織姫星(ベガ)牽牛星(アルタイル)白鳥座(デネブ) ですよね~ なかなか思い出しませんでした^^;
b0141916_15252355.jpg

7時に上高地を後にし、タクシーで沢渡まで、
  そして車に乗り換えて、林檎販売所に寄ちゃいました。
b0141916_15252817.jpg
ドルチェ とき 津軽 北くれない など試食させてくれ、2個づつ購入~☆
北紅は なかなか おいしい林檎さんでございました。
[PR]
by natsucoco17 | 2011-09-19 15:35 | 登山

岩壁 明神池 ④

涸沢を過ぎると ナナカマドなどの樹林帯に入ります。
b0141916_19173460.jpg
いたるところに赤く色付いた実が登山道を飾っています。  沢に沿って標高を下げて行き、今日ようやく姿を見せてくれた3000mの峰々が遠ざかっていきます。 こんなに快晴で 疲れてない感じなら 次は山2泊でもOKな自信がw♪

国内最大級の岩壁 屏風岩
b0141916_19173851.jpg
                         威風堂々

横尾山荘を過ぎて しばらく行くと 新村橋が見えてきました。吊り橋です。
b0141916_1917426.jpg
穂高へ行くにあたって、井上靖の小説 氷壁 を読み返しました。 この橋から岩登りのベース奥又白へ続く道が~
など、今日のルートは 小説に登場する道だったので、いつもと違う感慨を持ちながら歩きました。
    そして、穂高の東壁ですよ↓
b0141916_19174463.jpg

昨日の雨でまだ壁が濡れているので、岩登りコンディションは良くないのでしょうか、それとも背景が大きすぎて人間なんて見えないのでしょうか。 目を凝らして岩場を見ましたが、人は確認できませんでした。

ダラダラ道を超ハイペースで歩き、明神池に到着♪
 見学料が必要だったのにくじけましたが、今回の会計さんが気持ちよく入場を決めてくれました。
b0141916_19175076.jpg
天気が良いので、水面に青空が映ってキレイです。 上高地・・・本来の漢字は【神降地】だったそうです。
b0141916_19174793.jpg

お願い事を聞いてくださる池だったのですが、見とれていて、願わずじまい(笑
 無心の中に 心あり って感じで 穂高見命は汲み取ってくれたでしょう(^□^♪


 
[PR]
by natsucoco17 | 2011-09-18 23:41 | 登山

涸沢岳 涸沢カール ③

穂高岳山荘の朝    窓の外は
b0141916_19583594.jpg
              素晴しい夜明けの始まりです。
b0141916_19583834.jpg
眼下に広がる雲海が時間をかけてオレンジ色に染まり太陽の光が顔を出す・・・地球の営みに触れた瞬間

5:15 卵かけご飯を食べた後に、山荘から20分で登れる涸沢岳(3103m)へ
 山頂では、富士山も顔を出してくれました。
b0141916_1958509.jpg
                   美しい山ですね。

前穂の峰を右手に見ながら、ガレ場を落石をおこさないように気をつけつつ歩きます。
b0141916_2035554.jpg

涸沢カールの大雪渓を右手に見ながらザイテングラードという急な岩尾根を下っていきます。
  地図で見ると長ーいザイテングラードも、実際に見下ろすとすぐ歩けてしまいそうに感じたんです。
  まさしく錯覚でした。急な長ーーい岩場が続いておりました。
b0141916_1959525.jpg
   雪渓の下には水が流れていて雪渓を踏み抜いたら大変なことになるらしい^^;
   ただ雪が残っているだけだと思っていたnatsucocoは、びっくりw

周りを見上げると 青空と涸沢槍
b0141916_19585691.jpg

足元にはチングルマの綿毛
b0141916_1959260.jpg


 秋の空です!  パノラマ感をカメラに収めることができないよぉ^^;
b0141916_1958593.jpg

                     兎にも角にも、大感激の標高3000m付近でした♪
[PR]
by natsucoco17 | 2011-09-18 10:58 | 登山
夜 テントに落ちる雨の音を数回聞きましたが、降ったり止んだりの天気のようです。
あっという間に3時半! 寝袋やマットを片付けてお腹も空いてはないですが、朝食^^
 台風が近づいているっていうし 雨模様だし・・・ 本当に行くのかな??? コワイシ・・
なんて 葛藤をしながらも、リーダーは当たり前のように とりあえず岳沢まで行って考えようと!

5時にテン場を後にし だんだんと明るくなっていく空に望みをかけつつ1歩が始まりました。
夜が明けきらない梓川の支流は幻想的です。
b0141916_20404317.jpg

そして
岳沢小屋に 到着! 天気は相変わらずでしたが、小屋の壁に貼ってある天気予報は・・・
 なんと【夜から晴れ】と書いてあるではありませんか!
信じられないけれど、これを信じて 頂上を目指しますw 元気出ました!

雷鳥広場。 この辺が森林限界 ハイマツが芳しい風を届けてくれます。
b0141916_20404788.jpg

しかし、次第に雲の中に入ってきました。
 長い長い重太郎新道を 登り紀美子平に到着し、前穂高岳に登頂!!!!!
何もみえません(笑→もあんまりでない^^;
b0141916_20404985.jpg

吊り尾根という風の強い場所も通過し、奥穂高岳山頂に~無事着♪
危険箇所が結構あったようですが、全て霧の中。 目の前だけを見ていたので恐怖感はほぼ無し
断崖絶壁があったんだろうなぁ なんて思いながら 日本で3番目に高い山に登ったというなんとなくな感じを思いながらも、穂高岳山荘に到着しました。
b0141916_20405165.jpg

雨で レンズが濡れ 液晶内部に水滴もついています・・・壊れませんよーに☆

山荘での夕食は
b0141916_20405445.jpg

ご飯とお味噌汁のお代わり自由♪♪  私のお腹には1杯づつでJustでしたが・・・。おいしかったです。

濡れた服や靴 ザックを乾燥室に置き 9時には消灯 明日は4時半起きです。

 明日こそ本当に晴れますように☆
[PR]
by natsucoco17 | 2011-09-17 18:40 | 登山
いよいよ 憧れの上高地 そして北アルプスへ行く日がきました♪

別府国際観光港から夜景に見送られ出発です。
 
b0141916_19573855.jpg

船の中はちょっと寒かったけれど、結構睡眠たっぷりで朝がきました~。
b0141916_19574220.jpg


松本で東京から参加する岳人と待ち合わせだったので 松本城プチ見学
b0141916_19574578.jpg
烏城とも呼ばれるようで、重厚な雰囲気です。お堀には蓮も咲き柳が風に揺れ なかなか絵になりますね。

今回のメンバーは 松本で落ち合った お仲間も入れて4名
丸4日間を共にします。

上高地まではマイカー規制があるので、沢渡まで車で行き タクシーに乗り換えて到着♪
梓川が透き通った流れを楽しませてくれます。
b0141916_19575235.jpg

天気は下り坂 ^^; お山は雲の中ですが・・・

山行予定としては
b0141916_19575593.jpg

標高1500mの上高地から 岳沢小屋(標高2170m付近)
そして 前穂高岳 奥穂高岳を経て 穂高岳山荘宿泊
翌日に涸沢岳に登り 横尾 徳沢 上高地へ下ってくるルートです。(↑写真でいえば 奥穂から明神岳をグルッと一周する感じ)

一気に前穂までの+1500mの標高を登るという結構なハードコース設定 ^^;
標高100m上げるのに約20分ということは?? 最低でも5時間は登り続け・・・
 とりあえず
小梨平キャンプ場でテントを張り、おいしいヤキソバを食べて
    明日は3時半起きなので、8時には就寝しました。

明日は 晴れますように☆ というか雨が降りませんよーに☆
[PR]
by natsucoco17 | 2011-09-16 23:57 |
中秋の名月を目前に 阿蘇までお月見へ ^^ ♪
仙酔峡の駐車場でキャンプの準備をして、
  とりあえず阿蘇の草千里から登る烏帽子岳へ1時間ちょいの登山。
b0141916_19195558.jpg



そして 夜は 幻想的な月が煌々と
b0141916_19195826.jpg

                鷲ヶ峰に添うように天に昇っていきました。

エアーマットを駐車場の真ん中に敷いて お月見宴会をしている仲間をよそに
 ひとり星空観察(笑  流れ星が美しかったですよぉ☆

翌早朝は 仙酔尾根から高岳へ登り、 頂上付近の寒さと強風と霧に耐えましたが、
  下山中から見る見る晴れてきて
b0141916_1920112.jpg

内牧温泉から出た時には 雲ひとつ無いお山が目の前に! 
 2年前に登った時も確か こんな感じだったなw
[PR]
by natsucoco17 | 2011-09-10 19:16 | 登山
今日は台風の影響で雨降り~ 。 お山は中止にして お菓子作りを!!!

湯布院塚原まで 絞りたて牛乳を買いに行きました。
b0141916_20151641.jpg
          おいしそうでしょ~♪

帰って 牛乳1Lを暖め 魔法の液体を投入
b0141916_20151760.jpg

見事に固まりました。      【なんだか杏仁豆腐のよう!】 

ザルで水分を切って
b0141916_20152027.jpg

ナチュラルチーズ? クリームチーズ? の出来上がりです!

そして アーモンドプードルや 風味付けのビターアーモンドを用意して
b0141916_20151917.jpg

まぜて 焼いたら出来ました ^^v

b0141916_2015229.jpg

なかなかおいしいおやつが完成です。


  HTさん レシピや 魔法の液体等等 お世話になりました。
  ちーず作りの工程にも感激で また作ります。 

                     natsu

ザルでこしたホエーさんは 余った生クリームと混ぜて ブラマンジェ風のデザートに変身☆
  こちらも なかなか美味しかったです。
[PR]
by natsucoco17 | 2011-09-02 20:22 | 食べ物

 心にとまった瞬間を…留めておきたい瞬間を お気軽に関連コメントしてくれたら嬉しいです☆


by natsucoco