大切な日々の記録since june2008

natsunoga.exblog.jp
ブログトップ

大分の水害

海の日の連休 豪雨が再度大分県を襲いました。

私は、北アルプスへ行っていたので、山小屋で食事の度に流れるニュースをみて
それに対して心を閉ざしてました。 
同行した仲間にも出動命令がきたりと落ち着かない日々の中
北アルプスの山々を楽しんでいたのです。

帰って何かできることはないかしら・・・

 中津市の担当部署にボランティア登録をしましたが、
「土日のボランティアは現在足りてるのですが、出動して欲しいときは前日に連絡しますね」
    軽トラを持っていれば是非ともだったのですが、残念ながら軽トラはもっていません。

待ちぼうけかしら~と 思っていた金曜日の朝刊に
「竹田市水害ボランティアバス募集」 の記事があるではないですか!

竹田 日田は、住んでいる所から遠いので、道中の車の運転を懸念して連絡しなかったのです。

早速 中津に断りの連絡をいれて、申し込みました。

 朝8時に集合場所へ行くと 続々と人が集まってきます。大学生が多い様子。
バス3台に分乗し竹田ボランティアセンターへ移動

人も車も多いです。
 救援物資
b0141916_202418100.jpg


 ペダル式の手洗い所
b0141916_20242526.jpg


 掃除用具
b0141916_20241072.jpg


私が乗ったバスは、
ようやく2日前に道路が開通したTさん宅の床板剥ぎ&泥だし予定だったのですが、
使用できるWCがないと直前にわかり、女性はここで降ろされ、降ろされた分 男性が補充されました。

私たちは要請とのマッチング待ち・・・
 クーラーの利いたバスの中 隣りの人とおしゃべりをしながら過ごし・・・ 昼^^;
お昼ごはんを車内で食べ、体操のお兄さんと体操^^;

「倉庫の泥かき出し作業に5名・・・前方の人から来てください~」
 数分後
「家の泥かき出しに・・・今度は後ろから5名来てください。」

12時半になってようやく女性20名ほどを載せたバスが「玉来地区の体育館掃除に」出発

道中は、水害の爪あとがひどく恐ろしくなりました。


体育館に到着したら、床は捻じ曲がりとても使えるものではありません・・・。
 土足で捻じ曲がった床を歩きもっと奥へ!?

こじんまりした分館が本日の作業場でした。


 床上50cmほどの浸水だったようですが、地区の人が一旦掃除はしたらしく靴下で歩けるほどです。

アコーディオンカーテンの裾に詰まった泥だし テーブルのコロに詰まった泥だし 椅子の清拭 などなど
各自気がつくことから始めました。


体育館の周りは消防の人が泥の掻き出しをしています。
 私たちは地区の人に感謝されクーラーまで入れてもらって作業です。

自然に持ち場が決まってくるのがおもしろいですね。 連帯感というか!

一見美しく見えても細部にはかなり泥が残っていて、1時間半ほどの作業で完了でした。
 地区の人たちが気持ちよく使えますように☆

しかし、床下にはまだ5cmほどの泥水が残っており、床も一部陥没していました。
掃除はなんとか終わったとしてもまだまだ大変です。


もう少し時間があるので、次のマッチングの予定でしたが、
大雨洪水警報が再度発令されたので終了

ボランティアセンターへもどり

手洗い と うがい 

 ペットボトル1本 カロリーメイト あたたかいおにぎり&きゅうりの漬物 お接待です!
 後で、菓子パンの配給もありました。 驚きです。 7月末までの温泉券も。

朝は止まっていた水道も 昼からは復旧し なんとなく安心 水道局は凄いですね。

 半分以上待機時間で汚れていない私たちに対し 他へ出動した人たちは泥泥泥・・・。
ちょっと申し訳なかったです。

60名の男性が出動した現場はすさまじく、全部は終わらなかったということでした。
チェーンソーで床板を切ったりしたらしく、男性陣が行って正解だったとヒシヒシ。


ボランティアセンターの人たちも要望が上がってくるのを待ち、マッチングさせる
災害にあった家に行きたいけれど、家人と連絡がとれなくて動くに動けない
 こちらにまで気を使うという大変な仕事のようでした。


16時ボランティアセンターを出立です。


  これからも
泥だし作業が終わって、いろんなものが乾いてきたら、運び入れ作業が続くそうです。
まだまだ復旧には時間を要します。

福島県からもボランティアさんがこちらに入っていました。

 配給をボランティアに回せるということは、災害を受けた人達には充分行き渡っているのでしょう。
 地元のお米で作ったおにぎりや漬物はとってもおいしくって涙がでました。



今回の豪雨を大分でリアルタイムに過ごしていたら、もしかしたらボランティアに参加しなかったかもしれません。
県外で楽しく過ごしていたと言うなんとなく申し訳なさが行動に反映されました。
北アルプスへ行った同行者も私を含め3名はボランティア参加したということ。
 なんとなくモヤモヤしてたんでしょう。

結果
すっごく参加してよかったです。
お山仲間もそうですが、同じ目的を持ち集まった人たちと話すことはステキです♪

想像していた やり遂げた感とは遠く、楽しく終わったボランティア参加
何か出来ることがあると実感した一日でした。
今日した作業は細かいことでしたが、地元の人が集まってすればかなりの時間と精神力が必要だと思います。それにそこまで手がまわるのはもう少し後のことでしょうし。。。


 バスの中で意気投合したWさん またどこかで会える日を楽しみにしています。

そして 心より
 被災した地域 人々の復興を願います。

         natsucoco
[PR]
by natsucoco17 | 2012-07-21 22:17 | 大分見聞録

耶馬溪界隈

今日は山の花を見に日田まで出かけたので、帰り道

山国へ寄り道。
念仏橋の景
b0141916_20373610.jpg

石橋の向こうに見える滝が美しく目を奪われました。

随分以前に来たことはあるのですが、
その時は、豪雨の後で、水量が恐ろしく濁流が流れていたんです。

今日は、猿飛千壺峡も澄んだ水です。
b0141916_20373472.jpg

b0141916_20373239.jpg

甌穴の中で、水が渦を巻いているのかと想像していたのですが、
どうやら、川底に丸い穴があることらしいです。たくさんありました。

気が済んだのでw
耶馬溪の羅漢寺へ
石畳を登っていくと仁王像が祭られた山門
b0141916_20375342.jpg

桜が一分咲き 来週は美しいことでしょう!

昔、寺が焼き討ちにあいそうになった時に
兵を威嚇して追い返したという龍
b0141916_20374047.jpg


五百羅漢を過ぎて本堂  椿が美しく咲いていました。
b0141916_20375194.jpg

岩を掘って鎮座している石像がたくさん
b0141916_20374943.jpg


帰りは何気なくリフト乗り場の方へ歩いていくと
縁結びの一角があったので、しっかりと祈念し ^^v
もうちょっと進むと ・・・右手に
 岩を登る鎖場がありました。。。。。  これは登らなくちゃと・・・
国東塔などが山道の途中途中に祀られています。
すぐ下りになり、下りついた先は、山門の前でした♪

 小笠原公 秩父宮殿下が参拝された時に通った不動坂という道でした。
下りはちょっと恐かったので、通るのなら登りにどうぞ~♪

午前中の行動はコチラ

さすが耶馬溪の名勝 古刹だけあります。
青の洞門から登ってくると尚更趣があることでしょうね^^v
[PR]
by natsucoco17 | 2012-04-01 20:57 | 大分見聞録

in 湯布院

今日はnatsucocoの誕生日です☆
公私共々充実した毎日が送れるのも
【絆】のお蔭だと感じています~♪

温泉&食事へ
b0141916_22425112.jpg

受付で地図をくれましたが、迷子になりそうに広い敷地です。

食事は ちょっと豪華に豊後牛がついたお膳
b0141916_22424797.jpg

ホカホカ 満腹 ^^v

湯布院の《夢想園》でした。
[PR]
by natsucoco17 | 2012-01-07 22:42 | 食べ物

倶利迦羅竜剣

b0141916_19305410.jpg

2012年の幕開け

杵築市山香町
   小武寺

倶利迦羅竜剣
【国指定重要文化財】

クリカラリュウケンが安置されています。

この寺に住職さんがいないので
厳重に保管されているらしいのですが、
辰年の元旦に限り
御開帳されました。






倶利迦羅竜剣は お堂内のケースに安置されていました。
b0141916_19305096.jpg


この不思議な像の事を知ってから数年
拝見する機会がなかったのですが、
今回ようやく実際に
お目にかかれました。

竜剣像は、他の仏像から遠く離され
寂しそうでした。

蝋燭と線香の香りがする お堂に戻りたいのでしょう。

この写真はちょっと離れた所からお堂を撮影したものです。。画素数が大きかったため堂内も撮影できていたのでトリミングしました。

b0141916_19305725.jpg


神仏を尊ばず、盗難事件が後をたたない世の中が竜剣をひとりぼっちにさせています。
あるべき所に存在できるような日本でありたいものです。

まずはひとりひとり・・・自分の心がけからですよね ^^

元旦早々考えさせられる出合いになりました。

2012年 皆さまにとっても良い一年でありますように♪
[PR]
by natsucoco17 | 2012-01-01 19:50 | 大分見聞録

別府花火ファンタジア

今年も別府で冬の花火打ち上げがありました~☆
b0141916_2271147.jpg

澄み切った漆黒の夜空に打ちあがる花火
クリスマスソングに合わせたカラーリングも楽しめます。
b0141916_2271549.jpg

最近はおしゃれをしてというより、どうしたら寒くなく花火を堪能できるかという方に傾き(笑
今年は 断熱銀マットも持参! 薄いのに銀マットはすごいですね。 ポカポカでした。
b0141916_2271961.jpg

暖かなカフェオレを飲みながら海辺で花火を満喫したクリスマスイブイブでした。
[PR]
by natsucoco17 | 2011-12-23 22:06 | 大分見聞録

別府中央公民館

別府の中央公民館へ1年に一度だけ用事があります。。
とてもロマンを感じられる建物で落ち着きます。 今でも現役というのが又嬉しいですね。
b0141916_2050321.jpg

中へ入ると 大理石の階段に木の手すり
b0141916_20503867.jpg

1階から2階への踊り場には、船をおもわせる窓があります。
b0141916_20504131.jpg

2階から3階へは ステンドグラス
b0141916_2050437.jpg




とってもとっても
かわいらしいでしょ!

夢がありますよね☆☆☆


ステンドグラス下の
  扉をあけると

小さな
  バルコニーが♪
(扉から覗けるだけです)







廊下から舞台を覘く木製扉には・・・八角形の覗き窓
b0141916_20504567.jpg

3階には畳み敷きの部屋があり 電球のシャンデリアが素敵です。
b0141916_20504863.jpg




何の用事かというと
b0141916_20505074.jpg

保育園のお遊戯会があり、ちびちゃんの着付けをちょこっと手伝います。

暖かな陽射の一日でした。
b0141916_20503546.jpg

[PR]
by natsucoco17 | 2011-12-04 21:10 | 大分見聞録

普現寺の紅葉

今日から3日間 臼杵市野津町にある 普現寺 紅葉ライトアップが始まります♪

雨の紅葉も素敵だろうと 行って見ました~。
b0141916_19573918.jpg

普現寺に通じる道に入ったとたん もみじが覆いかぶさってきます。

でも、今年はまだまだ紅葉のハシリ
b0141916_19573676.jpg

                青葉のライトアップになること確定です。

しかし、雨にしっとりとした風情も素敵でしたよ。
b0141916_1957317.jpg


数年前に来た時は ピークでした。(写真を探したけれど行方不明^^;)
  今年はかなり遅れてますね。
すごい寒気団がきて一気に紅葉するのかな!?
[PR]
by natsucoco17 | 2011-11-18 20:06 | 大分見聞録

院内 余の滝

安心院 院内 玖珠方面の自然満喫

院内の余(あまり)の滝にも寄りました。
b0141916_19411270.jpg

落差48mの本滝の下方に小滝が続くので「末広の滝」とも呼ばれるそうです。
滝は良いですね~   大好きです。 

その近くに 個人の庭を開放している「逸見邸」があります。
b0141916_19412090.jpg

お家の人が全て手入れをしているそうで裏山をまだ開拓中でした。 スゴイですよね!

そして院内道の駅には
b0141916_19411666.jpg

オオサンショウウオが!  ずっと見ていたら のっそりと岩穴から這い出てくれました!

結構見どころが沢山なのに驚いた週末でした☆
[PR]
by natsucoco17 | 2011-11-05 19:48 | 大分見聞録

佐田京石

神々がこの地に都を作ろうとして、米神山から100本の石を麓に飛ばそうとしたけれど、99本目にみだりに騒ぐ者がいたため、そこで作業は中断され、都が建設されることはなかったという。 
b0141916_2221770.jpg

いろいろな説があるようですが、 
b0141916_2221421.jpg

駐車場も整備されて 見学しやすいところでした。

移動中に発見 (大分のマチュピチュ)
b0141916_2221959.jpg

岩峰と集落が そう見えないこともない・・・ 関連付けた人がスゴイと思うw

そして お食事処でもある 七福温泉 宇戸の庄 からの景色
b0141916_2222515.jpg

奇岩が連なり 紅葉も5分   見ごたえがあります。
b0141916_2222352.jpg

右の岩は 落ちそうで落ちないので 合格祈願にくる人もいるとか!

ここに辿り着く道沿いの渓流も 色つき始めています。
これから人出が増える事でしょうね~。
[PR]
by natsucoco17 | 2011-11-04 18:57 | 大分見聞録

津波戸山 529m

杵築市山香町にある 津波戸山へ
 ここは弘法大師八十八箇所霊場巡りができる山です。
修験者のコースとあって アップダウンが激しく鎖場が次々とでてきます。
無明橋もありましたよ~ ^^♪

そして 針の穴 (降りたトコから見た図) 
b0141916_21112641.jpg
暗い岩の隙間を通り抜け一安心する間もなく、垂直の岩を鎖を頼りに降ります。
足を置くところを作ってくれているのですが、なんせ下降中は見えない^^;
 
石像が1~88まであって 探しながら行くのですが、岩陰だったり 天辺だったりと 見落としてしまったものも多々アリ
b0141916_21112841.jpg
 しかし岩と同化していて趣がありました~ さすが六郷満山の地ですネ。
 弘法の硯水という岩清水もあるんですよ
 スリリングな山旅を ♪ 3人で、4時間半 ♪ 満喫~

美しいヒオウギの群落にも出逢えました♪ テンションあがりますよね ^^v
b0141916_21112123.jpg



実はこの日 秋の花を探しに くじゅうへ行ったのですが、
 霧 雨 & 強風 で第1ピークで下山し こちらへ登ったんです(笑

思い返せば 先週は 札幌円山の 八十八箇所登山・・・
偶然にも、連続して 八十八箇所霊場巡り登山です ^^; なんだろな~

そして 21日は 祖母山系の沢登り・・・ ^^;
水量が多いって聞くし、気をつけて行ってこよう☆☆☆★☆
[PR]
by natsucoco17 | 2011-08-14 21:23 | 登山

 心にとまった瞬間を…留めておきたい瞬間を お気軽に関連コメントしてくれたら嬉しいです☆


by natsucoco